2戦連続QSで進化を示す菊池雄星 先輩・岩隈氏から授かった“立ち姿”の深い意味

敵地でのツインズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
敵地でのツインズ戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

11日のツインズ戦で6回5安打2失点と好投した菊池

■マリナーズ 4ー3 ツインズ(日本時間11日・ミネソタ)

 マリナーズの菊池雄星投手が10日(日本時間11日)、敵地ミネアポリスでのツインズ戦で今季2度目の先発マウンドに上がった。6回を5安打2四球6奪三振2失点と好投したものの、同点で交代となり、勝敗は付かなかった。今季初白星はまたもお預けとなったが、開幕から2戦連続でクオリティスタート(6回以上、自責3以下)とし、投じた94球を「とにかく自分の球を信じて、攻める気持ちを持ちながら、最初から最後まで投げられました」と総括した。

 同一カード初戦でエース左腕ゴンザレスから3本塁打を含む9安打を放ち、7点を奪った強力ツインズ打線に菊池の士気は上がっていた。「どうやって勝負をしていくかすごく楽しみだった」。秘策は、前回と変わらず、積極果敢な投球で攻める「ストライク先行」だった。

「昨年は細かいところに投げようとし過ぎて自分でカウントを悪くしてしまうというケースがすごくあった。バッターと勝負ができていない悔いが残る形だったので、今年はキャンプから真ん中でいいから自信を持って自分のボールを投げるんだと割り切って、それを貫いている感じです」

菊池が目指す理想形「真っ直ぐ立つのはすごく難しい」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY