オリ山本由伸をも上回る驚異の三振奪取力… ロッテ新人左腕の光るデータ

ロッテ・鈴木昭汰【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・鈴木昭汰【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

ここまで3試合に先発して2勝1敗、防御率0.78をマークしている山本由伸

 プロ野球は3月26日のペナントレース開幕から2週間ちょっとが経過し、各球団が5カードずつを消化した。セ・リーグは阪神が、パ・リーグは楽天が首位に立っている。各リーグでそれぞれ対戦が一巡し、13日からは2回り目の対戦へと移っていく。

 開幕から活躍している選手がいる中で、一際、存在感を際立たせている1人がオリックスのエース山本由伸投手だ。ここまで3試合に先発して、3試合全てで6回以上、自責点3以内のクオリティスタートを達成し、防御率0.78、25奪三振はいずれもリーグトップの数字となっている。

 8日にZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦では、打者が思わず身を屈めて避けようとしたボールが、急激に変化してストライクゾーンに入っていく驚愕のカーブを投じたことでも話題となった。真っ直ぐ、変化球、どれを取っても一級品で、開幕からその実力をいかんなく発揮している。

ロッテ鈴木はここまで3試合に先発して0勝1敗、防御率2.12

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY