高校中退、野球部未所属 異色の経歴を持つ元阪神右腕が目指すNPBへの再挑戦

元阪神で現在は徳島インディゴソックスに所属する福永春吾【写真:喜岡桜】
元阪神で現在は徳島インディゴソックスに所属する福永春吾【写真:喜岡桜】

昨年オフに阪神から戦力外通告を受けた福永春吾、今季は徳島インディゴソックスでプレー

 2016年ドラフト6位で阪神へ入団した速球派右腕の福永春吾投手は高校の野球部を卒部していない異色の経歴を持つ。昨オフに戦力外通告を受け今季は古巣の四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスからNPB復帰を目指している。

 福永にとって5年ぶりの独立リーグ公式戦となった3月27日、開幕戦特別ゲストとして連続フルイニング出場などの世界記録保持者で前阪神監督の金本知憲氏がゲストとして招かれた。ドラフト会議で自身を指名した元指揮官との再会に、2人は笑顔で冗談を交わした。

 小学1年から野球をはじめた福永は大阪屈指の強豪私立・金光大阪へ進学。1年秋からエースナンバーを背負い甲子園を目指した。しかし度重なる肘の故障に苦しみ、2年時に高校を中退してしまう。転入したクラーク記念国際にはまだ野球部がなく、福永は甲子園出場もプロ野球選手になる夢も一度は諦めた。高校3年になった2012年の夏、当時大阪桐蔭のエースだった阪神の藤浪晋太郎投手など同学年の高校球児が甲子園で全力プレーをする姿を見ているうちに、夢への想いが再熱した。

「(野球を続けるための)治療にはもう通っていなかったし、全然ボールを投げていなかったので、まずは肘のレントゲンを撮りに行きました」

リスタートから4年で掴んだプロへの切符「急に夢が近づいてきた」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY