投手・大谷翔平の“意外な落とし穴” 斎藤隆氏「持ち球は一級品であるがゆえ…」

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

元メジャー右腕・斎藤隆氏が分析「投球の幅は一気に広がるでしょう」

 今季から投打の“リアル二刀流”として本格始動したエンゼルス大谷翔平投手。右手中指にマメができた影響により、投手としては2試合での先発にとどまっているが、打者としては25日(日本時間26日)現在、19試合に出場し、打率.286、メジャートップタイの7本塁打、16打点3盗塁と活躍を続けている。右肘手術から完全復活して迎える今季、投手としての躍進も期待されるところ。そんな大谷に飛躍のヒントを送るのが、元メジャー右腕の斎藤隆氏だ。

 ドジャースで守護神を任された斎藤氏は5球団で7シーズンを戦い、メジャー通算21勝15敗84セーブ39ホールド、防御率2.34の好成績を収めた。ブルペンの貴重な戦力として活躍し、引退後の2015年からはパドレスのフロントオフィスで球団編成について学んだ経験を持つ。

 選手、そして球団首脳陣としての目も持つ斎藤氏は、今季の投手・大谷翔平について「ピッチャーとしての礎を築いてほしい」と期待。同時に、さらなる飛躍を遂げるために「ゴロアウトを取れる球種をもう1つ増やしたいところ」とアドバイスを送る。

「今年は打撃の調子がいいので、2way(二刀流)を求めていくなら、ここで投手としての基礎もしっかり作りたいところ。制球力を上げるべきなのか、マウンドでの修正能力を上げるべきなのか。いろいろとあるとは思いますが、もう1つゴロアウトが取れる球種があると楽になると思います。今すぐに習得するのは無理かもしれないけれど、この先も先発投手を続けるなら、いずれどこかのタイミングでチェンジアップのような遅いボールがあるといいですね」

 現在、大谷が主に操る球種はフォーシーム、スライダー、カーブ、スプリットの5球種だ。斎藤氏は「今の持ち球はどれも一級品」と高く評価する一方で、「一級品であるがゆえに自分を苦しめている感じもあります」と話す。

「大谷選手の真っ直ぐは誰もが知る素晴らしさ。スプリットの完成度は言うまでもありません。スライダーは捕手が捕れないくらい鋭い変化をするし、カーブも高い位置から一気にギュッと落ちるイメージ。どの球種もすごいキレを持っています。だからこそ、球速も変化も緩い球種が1つ欲しいところ。スピードと変化に差が生まれれば、投球の幅は一気に広がるでしょう」

スライドステップで球速158キロ「そんな選手いないと思っていたら、いました」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY