「今でも上手くなりたい」 古田敦也がYouTubeで届けたい野球の真髄と描く夢

元ヤクルトで野球解説者の古田敦也さん【写真提供:テレビ朝日】
元ヤクルトで野球解説者の古田敦也さん【写真提供:テレビ朝日】

約10年前の地上波番組と同タイトルで5月1日からスタート

 元ヤクルトで野球解説者の古田敦也さんがYouTubeチャンネル「フルタの方程式」(5月1日スタート)を開設する。現役時代、4度の日本一に輝き、9度のベストナインに首位打者も獲得。引退後は選手兼任監督も務めるなど、球界を代表する捕手だった古田さんが打撃に守備などを豪華ゲストと「思う存分」語っていく、何とも贅沢なコンテンツ。野球界への還元、育成世代へのヒントを送りたいという思いが体を突き動かしていた。【楢崎豊】

 収録が行われたテレビ朝日のスタジオには、古田さんの驚きや笑い声が響いていた。隣に並ぶゲストは名球会に入るほど実績のある選手ばかり。ハイレベルな野球技術に感嘆し合い、今では笑い話になる仰天エピソードが紹介される。野球ファンにはたまらない空間がそこに広がっていた。

「フルタの方程式」――。このタイトルを聞いて、思い出した人もいるだろう。2009年1月から2010年7月までテレビ朝日系の地上波で放送されていた番組と同タイトル。“野球通”に向け、古田さんが技術の真髄に迫った人気番組だった。このたび、YouTubeで復活することになった。

「プロは細かいこだわりを持っていたり、こだわっていたからプロになれた可能性もあると思うんです。(動画が)技術的なもの、考え方も含めて、野球がうまくなりたい人へのヒントになれれば。今の時代、YouTubeで思う存分語って、若い人たちへの助けになればと思っています」

 当時、古田さんは番組内でボールの打ち方から、捕球の仕方、走塁、盗塁、考え方まで“マニアック”に届けていた。当時の球界だけでなく、他局のスタッフからも評価の高い声が聞こえてきた。

 今回、主戦場をYouTubeに移す。制作にあたり、古田さんの思いを共有し、絆の深い当時の番組スタッフが集結。テレビ番組さながらのカメラの台数やスタッフの数、大掛かりなセットとなっている。作り手の気合、野球ファンへの思いが伝わってくる。

「専門チャンネルとして、簡単にアクセスできるという点で非常に(YouTubeが)いいのではないかと。スタジオでもボールやバットを使っていきます。それだけちゃんと(作って)見てもらって、いろんな人に刺激になればいいと思います」

 野球を思う存分に伝えたいという思いと、技術の伝承。コンテンツはこの2つの軸で展開されていく。チャンネルは小学生から草野球をする人まで楽しんでもらいたい。また、自身と同じ50代や上の世代でも、まだ野球が上手になりたいと思う人にも届けたいと考えている。

「僕も今でも『ちょっとでも、上手くなりたい』と思っています。(収録で共演した元広島の)前田智徳くんの話を聞いていて『ああ、自分もこうしたら、もっと打てていたんじゃないかな?』と考えたりしました」

古田さんのチャンネルの『その先』にあるものは?

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY