コロナ禍で野球は必要とされるのか… 1軍復帰を目指すDeNA今永昇太の自問自答

DeNA・今永昇太【写真:荒川祐史】
DeNA・今永昇太【写真:荒川祐史】

昨年10月に左肩クリーニング手術を実施、ファーム実戦登板で順調に前進

 3月26日、NPB12球団が一斉に今季開幕を迎えたこの日、DeNA・今永昇太投手は1軍ではなくファームにいた。2019年から2年連続で開幕投手を務めた左腕は、昨年10月5日に左肩のクリーニング手術を実施。1軍復帰を目指す道のりを歩んでいた。

 術後、実戦初登板となったのは、3月31日のファーム巨人戦。2イニング、打者7人を相手に2安打無失点と上々のスタートを切った。その後も順調に球数と投球回数を増やし、4度目の登板となった5月5日の巨人戦では6回4安打1失点。1軍復帰間近まで歩を進めている。

「前には着実に進めていると思います。リハビリ期間中は一歩進んで二歩下がるような、なかなか前進しない日々もありましたけど、こうやって実戦に入ってから前に進めている感覚があるのはいいことだと思います」

 エース左腕がリハビリ登板を重ねる一方、三浦大輔新監督率いる1軍は開幕から波に乗れず。指揮官に初勝利をプレゼントできたのは、開幕10戦目のことだった。今季から選手会長を務める今永は「もちろんチームの状況を見て、何もできないことに、僕自身も悔しいことはあった」と明かすが、あえて自身の状況とは切り離して考えたという。

「1軍の状況は1つの情報として頭に置いておいて、でも、僕自身のリハビリの段階とは切り離して考えていました。僕が今、第一優先として考えるべきことは、自分の怪我をしっかり治して1軍で投げること。ただ1軍で投げるだけではなくて、1軍で勝ち続けるというところを目標に置かなければいけない。だから、割り切って考えているところはありますね」

 リハビリ登板では「常に1軍で勝てるための投球」を意識。ただ単に、球速が出た、ストライクを投げられた、打者を抑えた、ということだけに終わらず、投げる1球1球の“原因と結果”にこだわっている。

「打たれなかったから良かった、打たれたからダメだった、ではなく、しっかり根拠のあるボールで抑えることをイメージしています。目の前に立つ打者に対して、前の打席はどうだったか、前の日はどうだったのか、次の打席は誰が来るのか、そういうことをしっかり考える。1軍だろうがファームだろうが、するべきことは全く同じです。同時に、ファームで抑えられたから1軍でも大丈夫という世界でもない。1軍の打者はまたレベルが上がります。その中で、たまたま抑えた、たまたま打たれた、と漠然と投げていては、野球人生としてもったいない。しっかりレベルアップして1軍の試合で投げたいと思っています」

商売道具の左肩にメス、躊躇いはなかったわけではないが「退路を断って前に」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY