高校時代からの痛みが解消 手術を経てロッテ左腕が見据える“逆襲”「全部勝つつもり」

ロッテ・土肥星也【写真:荒川祐史】
ロッテ・土肥星也【写真:荒川祐史】

ロッテ・土肥は19年秋に左肘手術、20年は登板機会がなかった

 交流戦初戦をセ・リーグ首位の阪神相手に快勝したロッテ。今季はここまでドラフト1位ルーキーの鈴木昭汰投手が既に10試合に登板するなど若手投手の台頭が著しいが、2軍にも登板機会を虎視眈々と狙う有望投手が多い。左肘故障からの復帰を目指す5年目左腕・土肥星也投手もその一人だ。

 少しずつだが、しっかりと1軍のマウンドへ歩を進めている。失意の1年を経た左腕が現状を次のように説明した。「痛みもなく、不安なく投げられています。ここからはもっと(ボールに)強さを出していきたいですね」。

 尽誠学園から大阪ガスを経てドラフト4位で入団した左腕。ルーキーイヤーの2017年に救援で18試合に登板し、先発に配置転換された2年目には2勝をマークした。しかし、1軍で6試合に登板(1勝0敗)してプロ3年目を終えた2019年10月に左肘の関節鏡視下クリーニング術を行い、昨季は2軍でも登板機会がなかった。「高校時代から肘には不安があって、いよいよ曲げ伸ばしもできない状況になって手術に踏み切りました」。

 捲土重来を期した今季も、春季キャンプで上半身のコンディション不良のため出遅れてしまったが、その後は回復。2軍で徐々に投球数を増やし、5月14日の巨人戦では今季最多の62球を投げて5回を6安打3失点で勝利投手になった。

「去年は不安ばかり、今は試合で投げられるのが楽しい」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY