コロナ禍や負傷…離脱者が止まらない西武 それでも光明もたらす“3人の躍動”

30日の阪神戦で5号3ランを放った西武・愛斗(中央)【写真:荒川祐史】
30日の阪神戦で5号3ランを放った西武・愛斗(中央)【写真:荒川祐史】

木村の故障でチャンスつかみ長打力アピールする愛斗

■阪神 9ー8 西武(30日・メットライフ)

 開幕直後から主力に故障者が相次いでいた西武が、さらなる“災難”に見舞われている。5月27日には主将・源田壮亮内野手の新型コロナウイルス感染が判明。翌28日には、ザック・ニール投手と木村文紀外野手が濃厚接触者に特定された。加えて30日に本拠地メットライフドームで行われた阪神戦の守備中には、ドラフト4位ルーキーで1番打者に定着していた若林楽人外野手が左膝を負傷し、担架に乗せられて退場した。

 戦線離脱者の続出は、チームにとって痛手には違いない。しかし、代わりに出場機会を増やし、台頭しつつある選手もいる。6年目・24歳の愛斗外野手もそのひとりだ。

 30日の阪神戦では「8番・右翼」で先発し、2点ビハインドの2回1死一、二塁では阪神先発・村上から逆転5号3ラン。カウント0-1から95キロのスローカーブに体勢を崩されることなく左翼席へ運んだ。7回には左犠飛。チームは結局8-9で惜敗したものの、2打数1安打2四球4打点と気を吐いた。

 今季は打率.243、23打点で、5本塁打は森の6本に次ぎ、山川と並ぶチーム2番目に多い。「いつも初回の打席に入る前に中村(剛也内野手)さんにアドバイスをいただいていて、今日もそれが役に立ちました。中村さんに感謝です」と好調の秘訣の一端を明かした。

 昨季は故障もあって1軍出場わずか7試合、打率.154(13打数2安打)に終わった。今季は4月8日に1軍初昇格を果たすと、翌9日のロッテ戦(ZOZOマリン)でいきなりプロ初本塁打を含めた1試合2発。続く10日の同カードでも3号ソロを放ち、長打力をアピールした。右翼レギュラーの木村は4月に腰痛で離脱し、さらに復帰後も今度は源田の濃厚接触者となったことで、愛斗が存在感を増している。愛斗自身も源田と接触があったことから、5月27日の広島戦(マツダ)ではベンチを外れて宿舎待機となったが、幸運にも離脱を免れた。若林の故障が長引くようなら、なおさら外野に不可欠な存在となる。

呉念庭は山川復帰後も二塁でスタメン、山田遥楓は源田の“代役”に

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY