巨人は坂本に菅野、阪神は藤浪ら先発陣 1軍復帰が待たれるセ球団の主力たち

阪神・藤浪晋太郎(左)と巨人・坂本勇人【写真:荒川祐史】
阪神・藤浪晋太郎(左)と巨人・坂本勇人【写真:荒川祐史】

藤浪や高橋ら投手陣の主力クラスがファーム調整中の阪神

 プロ野球は2年ぶりに開催された「日本生命セ・パ交流戦」の真っ只中。セ・リーグは阪神、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。コロナ禍での紆余曲折はありながらも、各球団が50試合前後を消化し、ペナントレースも3分の1を過ぎた。

 各チーム、主力選手が奮闘する一方で、本来であれば1軍にいるべき選手が不在であるケースも。そこで、今後の各球団の“上がり目”となりうる、現在1軍に不在の主な主力選手を見てみよう。今回はセ・リーグだ。

【阪神】
投手:チェン・ウェイン、藤浪晋太郎、高橋遥人、エドワーズ、ガンケル
野手:糸原健斗

【巨人】
投手:菅野智之、大竹寛、井納翔一、今村信貴、メルセデス
野手:坂本勇人、梶谷隆幸、小林誠司

【ヤクルト】
投手:高梨裕稔、石川雅規、高橋奎二
野手:雄平、坂口智隆

【中日】
投手:R・マルティネス
野手:京田陽太、平田良介、A・マルティネス、ガーバー

【広島】
投手:九里亜蓮、森下暢仁、野村祐輔、スコット、フランスア、ネバラスカス
野手:鈴木誠也、長野久義、會澤翼、菊池涼介

【DeNA】
投手:上茶谷大河、ロメロ
野手:倉本寿彦

 首位を走る阪神だが、後半戦に向けての“上がり目”もありそう。投手陣では現在、チェン、エドワーズ、ガンケルの助っ人3人がファームで調整中で、ガンケルは今週中に先発復帰する見込みだ。マルテ、サンズの助っ人が好調なこともあり、外国人枠の問題はあるが、チェンとエドワーズも状態が上がれば、戦力の厚みをもたらしてくれそうだ。藤浪はファームで調整中で、故障中の高橋も復帰できれば、大きな戦力となりそうだ。

巨人もエース菅野、主砲の坂本ら主力が多く離脱している

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY