佐藤輝だけでなく阪神中野や広島栗林も1位 今年の球宴は若手の祭典に?

阪神・中野拓夢、佐藤輝明、広島・栗林良吏(左から)【写真:荒川祐史】
阪神・中野拓夢、佐藤輝明、広島・栗林良吏(左から)【写真:荒川祐史】

佐藤輝だけでなく、阪神ドラ6中野や広島ドラ1栗林も1位

 日本野球機構(NPB)は「マイナビオールスターゲーム2021」のファン投票結果の中間発表を2日からスタートさせた。第1回の中間発表では、阪神のドラフト1位ルーキー佐藤輝明内野手がセ・リーグ外野手部門でトップ得票に。佐藤輝は4万7769票を集め、セ・パ両リーグを通じても最多の得票数を獲得した。

 パ・リーグで最多得票を集めたのがソフトバンクの柳田悠岐外野手で4万3495票。佐藤輝は球界最強の打者である柳田を4000票ほど上回り、両リーグ最多の得票数に。セ・リーグに限れば、3万票を超えているのは、佐藤輝のほか、同じ阪神の梅野隆太郎捕手しかおらず、ダントツの得票数となっている。

 この日から始まったファン投票の中間発表だが、目立つのが各球団の新人を含め、若い世代の台頭だ。

 セ・リーグで言えば、抑え投手部門の1位が広島で19試合連続無失点を続けているドラフト1位の栗林良吏投手。また、遊撃手部門では阪神のドラフト6位ルーキー中野拓夢内野手がトップ得票。巨人の坂本勇人内野手とはわずか1000票ほどの差しかないが、これは注目に値するだろう。

2年目の広島森下、オリ宮城が先発部門の1位に

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY