天国と地獄を見た男の“逆襲劇” DeNA伊藤光、指揮官も信頼する「2番・捕手」の役割

DeNA・伊藤光【写真:荒川祐史】
DeNA・伊藤光【写真:荒川祐史】

絶賛止まらない三浦監督「ファウルで粘れ、進塁打を打てて、バントもできる」

■DeNA 11ー7 ロッテ(5日・横浜)

 DeNAは5日、本拠地・横浜スタジアムで行われたロッテ戦に11-9で勝利。セ・リーグ最下位は変わらないが、交流戦では6勝3敗2分で、首位・中日に1ゲーム差の2位に付けている。「交流戦優勝」に向けたキーマンの1人は、「2番・捕手」として存在感を放つ伊藤光捕手である。

 硬軟自在だ。初回、1番・桑原が左翼フェンス直撃二塁打で出塁すると、きっちり初球に送りバントを決め、続く佐野の先制適時二塁打につなげた。1-1の同点で迎えた3回には、やはり先頭・桑原の二塁打の後に打席に入り、今度は二塁ベース寄りの遊ゴロで、走者を三塁へ進めた。この進塁打も、5番・宮崎の勝ち越し適時打によって実を結んだ。

 つなぎ役でなく走者を還す役割を担ったのは、1点リードで迎えた4回だ。2死二塁のチャンスに桑原が申告敬遠で歩かされ、勝負を挑まれた伊藤光は燃えた。「目の前で敬遠されたので、必ずランナーを還すんだと思い打席に向かいました」と明かす。カウント2-2からロッテ先発・美馬のフォークを捉え、レフトの頭上を越す2点二塁打。試合の流れを決定づけ、両手を挙げて喜んだ。

「打撃の状態が良く、ファウルで粘れるし、進塁打を打てるし、バントもできる」というのが三浦監督による伊藤光評。さらに「捕手としても投手を引っ張ってくれる、大きな存在です」と絶賛が止まらない。

昨季はラミレス前監督から「我々が練った戦力と違う」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY