元巨人マシソン、カナダ代表でキャリア終え感謝 「最高の思い出」「本当に光栄」

カナダ代表のスコット・マシソン(右)【写真:Getty Images】
カナダ代表のスコット・マシソン(右)【写真:Getty Images】

6日のドミニカ共和国戦に登板も5-6で敗れスーパーラウンド最下位が確定

 カナダ代表として東京五輪米大陸予選に出場した元巨人のスコット・マシソン投手が自身のインスタグラムを更新。惜しくも本大会出場を逃したが「最高の思い出はカナダ代表としてプレーした時間です」と感謝の言葉を綴った。

 マシソンは5日(日本時間6日)のドミニカ共和国戦で8回から4番手として登板したが、2/3回を1安打1四球1失点で降板。チームも5-6で敗れスーパーラウンド最下位が確定していた。

 自身のインスタではカナダ代表のユニホーム姿で投げる写真を公開し「メジャーリーグや日本でプレーしてきた自分の野球キャリアを振り返ってみて、最高の思い出はカナダ代表としてプレーした時間です。カナダ代表、そしてチームメートのみんなには感謝してもしきれません」と振り返った。

 2019年に巨人を退団しプロ野球選手としては“引退”。キャリアの集大成と位置づけていた試合を終えたマシソンは「もう1度プレーする機会を得ることができて、本当に光栄です。誠にありがとうございました」と感謝していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY