米国でついに“全国区”の選手になった大谷翔平 番記者が明かす取材状況の激変ぶり

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

エ軍のホーム試合で、グラウンドレベルの取材が2年ぶりに可能に

 メジャーリーグが“日常”を取り戻しつつある。コロナ禍で60試合に短縮にされた昨季からメディアによる取材もオンラインに限定されていたが、大谷翔平投手が所属するエンゼルスは7日(日本時間8日)のロイヤルズ戦から条件付きで“一部開放”。試合前にグラウンドレベルで練習を見ることが可能になった。Full-Count編集部でエンゼルスをカバーする盆子原浩二氏が2年ぶりにメジャーのグラウンドに降りて練習取材した心境や、大谷に対する米メディアの関心度が今季急激に高まったことなどをを語った。

 2年ぶりのフィールドは凄く久々という感じ。選手やコーチ、スタッフの声が身近に聞こえて来るのはいいものです。そしてなんと言っても打球音ですね! とても心地よく感動しました。今までは当たり前と思っていた光景がとても新鮮で、日常に一歩前進したことを強く感じました。

 6日(同7日)にエンゼルス球団から試合前にグラウンドに入ってもOKとの連絡を受けました。ワクチン接種を終えていることが条件で、私を含めて約15人のメディアがバックネット前で練習取材。これまではオンライン取材だけでしたから、一気に選手との距離が縮まった感じがしました。選手を呼び止めてインタビューすることも可能ということなので今後が楽しみです。

 カリフォルニア州では今月15日に規制が解かれ、経済活動が全面再開されます。エンゼルスの場合は17日(同18日)のタイガース戦から観客の入場制限がなくなり、スタンドがファンで埋まった中での試合が戻ってきます。クラブハウスがメディアに開放され、自由に取材できる日が来るのもそう遠い日ではないと思います。大谷君は別格として、一番直接話を聞きたいのはやはりトラウト。エンゼルスだけではなくメジャーを引っ張っていく選手ですから。

昨年までとは一変、大谷に関する監督への質問が殺到する状況に

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY