巨人電撃復帰の山口俊 “再出発”会見で何度も繰り返した「結果」に込めた意地

ブルージェイズ入団会見当時の山口俊【写真:Getty Images】
ブルージェイズ入団会見当時の山口俊【写真:Getty Images】

背番号99&黒髪で再出発「結果しかないと思っている」

 巨人は米大リーグ、ジャイアンツ傘下3Aサクラメントから自由契約となった山口俊投手との契約に合意し、11日にリモートで入団会見を行った。2019年以来、2年ぶりの巨人復帰となる。会見で何度も口にした「結果」という言葉、背番号を「99」に決めた経緯に、山口の思いが滲んでいた。

 2020年、米国時間1月15日。山口は入団の決まったブルージェイズの本拠地、トロントのロジャース・センターで行われた会見で、背番号1のユニホームを披露した。選んだ理由は「まず背負っていたのが『11』ということで『1』を大事にしたかった。高校野球では『1』がエースナンバーということで選ばせていただきました」。1が無ければ、道は続かない。地道に一歩ずつ、夢への階段を昇っていく。そんな決意の表れだった。

 今回、山口が選んだのは「99」。球団から提示されたのは「28」だった。山口は「特に意味はないです」と多くを語らなかった。だが、大塚球団副代表は「28番で決まるのかなと思ったら、たぶん、自分で空き番号を調べて99番と言ってきた。もう一回、出直しというか、改めて勝負したいという気持ちを感じました」と気概を受け取った。

 ブルージェイズの「1」とは“正反対”の「99」。髪の毛も黒に戻し、心機一転。ここから、もう1回、這い上がる――。番号はそんなメッセージとも取れる。

 巨人とは来季までの2年契約を結んだ。「前回、ポスティング(システム)で快く、送り出してくださいましたし、今回も僕にご連絡をいただいたので、今度は僕もジャイアンツに貢献できるよう、結果でなんとかしたい。結果しかないと思っている」と迎え入れてくれた古巣に感謝した。

「結果」で周囲を黙らせる、そんな活躍を期待したい

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY