死球に激昂、投手にバット投げつける… 狂気の大乱闘劇は「暴行罪になりそう」

打者が投手にバットを投げつけて乱闘に(写真はイメージ)
打者が投手にバットを投げつけて乱闘に(写真はイメージ)

メキシカンリーグで死球を受けた打者が激高し投手めがけてバット投げる

 両チームの選手が入り乱れる乱闘劇。日本のプロ野球ではめったに見ることはなくなったが、23日(日本時間24日)にメキシコで行われたメキシカンリーグの試合では、死球がキッカケとなり、打者が投手にバットを投げつけ、両軍の選手が入り乱れて殴る蹴るの大乱闘劇が起こった。

 メキシカンリーグのティファナ・ブルズとアグアスカリエンテス・レイルローダーズ戦で事件は起きた。8回にティファナのグティエレスに対し、アグアスカリエンテスのキンテロが死球を与えた。92マイル(約148.1キロ)の直球が直撃すると、グティエレスは瞬間湯沸かし器のように激高。キンテロに向かって駆け寄ると、何を思ったか、手にしていたバットを思い切り投げつけたのだ。

 幸いこのバットがキンテロに当たることはなかったが、ここから両軍がベンチから飛び出し、大乱闘に発展。選手や監督、コーチらがマウンド付近で入り乱れ、一度はほとぼりが冷めたかと思いきや、輪の外れでいきなり殴り合いが勃発。事態が収束するまで、数分を要することになり、当事者となったキンテロとグティエレス、そしてアグアスカリエンテスの遊撃手・カストロの3人が退場となった。

 この狂気の沙汰とも言える大乱闘をカナダの放送局「スポーツネット」もツイッターで「どでかいケンカがメキシカンリーグで始まった」とレポート。衝撃の映像にファンからは「彼らには“規則”が必要だ」「狂気がこれだけ広がっている中で、小さな人がゴミや破片を拾って綺麗にしようとしているところから目が離せない。昇給に値する」「小さなバットボーイが最高だ」「こんな乱闘はもうMLBでは見られないな」との声があがった。

 また、米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」のMLB用アカウント「B/Rウォークオフ」もこのシーンを紹介。こちらにもファンから「もしバットが当たっていたら……」「社会に対する脅威」「ついに暴行罪になりそうなケンカが……」「バットを投げるなんて(笑)」「これは危険だ」と驚くコメントが並んでいた。

【動画】打者が投手めがけてバット投げつける衝撃映像

RECOMMEND

CATEGORY