グルになって騙し成功…ずる賢い高校生の流麗すぎる“隠し球”が「最高のトリック」

米高校生が成功させた“隠し球”に注目が集まっている(写真はイメージ)
米高校生が成功させた“隠し球”に注目が集まっている(写真はイメージ)

三塁手と投手、息の合った名演技に注目

 プロ野球選手もびっくりだ。なんと高校の選手が成功させた“隠し球”にファンが熱狂している。米ジョージア州にある野球アカデミーが一部始終の動画をツイッターに投稿すると「周りが良く見えたプレー」「投手の最初のリアクションも素晴らしい」と、選手の視野の広さを称えるコメントが集まった。この“MLB級”のワザに、動画サイト「TikTok」でも70万を超える「いいね」がつけられている。

 三塁に走者が駆け込んでくると、送球を受けたジェイミー・マクダニエル内野手は走者の死角でハンター・ドライデン投手にボールを返す“ふり”をした。実際にはボールはグラブの中。投手は返球を受けたかのようにグラブを抱えマウンドへ戻ると、三塁走者が塁を離れた瞬間にタッチアウト。あまりに華麗な流れは演技賞ものだ。

 近年のNPBでは元横浜(現DeNA)の佐伯貴弘が3度成功させたのが有名だが、なかなかお目にかかれるものではなく、高度な演技力が必要だ。高校生が見せた爽快なショーは、米メディア「スターティング9」で紹介されると「最高のトリックだ」と賛辞が続けて送られた。

【動画】ベテラン級の落ち着いた“演技”で隠し球を成功させた高校生たち

RECOMMEND

CATEGORY