巨人、最速154キロ右腕ダニエルと育成契約 「全ての皆様に感謝」、背番号「002」

BC栃木から巨人に移籍したダニエル・ミサキ【写真提供:(C)TOCHIGIGOLDENBRAVES】
BC栃木から巨人に移籍したダニエル・ミサキ【写真提供:(C)TOCHIGIGOLDENBRAVES】

昨季から急成長、今季は28試合登板で3勝0敗、1セーブ

 巨人は17日、独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに所属する日系ブラジル右腕のダニエル投手と育成契約を結んだことを発表した。背番号は「002」。米マイナーリーグでの経験を持つ25歳は、今季最速154キロをマークしている。

 球団を通じダニエルは「常に自分をサポートしてくれた家族、フィアンセを含むすべての皆様に感謝します。加えて、チームの一員として迎えてくださったジャイアンツ球団にも感謝します。首脳陣の皆様や新しいチームメイトとお会いすることを楽しみにしています。素晴らしい球団の一員になることができてとても嬉しいです」とコメントを発表した。

 本名は「御前(みさき)龍介 ダニエル」で、身長183センチ、体重94キロ。角度のあるボールが特徴で、昨季の最速150キロから急成長。直球の1分あたりの回転数は、メジャー平均を上回る2500回を超えることも。スライダーは鋭く曲がり、チェンジアップやスプリットも操る。

 2013年の第3回WBCでは、若干16歳でブラジル代表入り。同年にマリナーズとマイナー契約を結び、2年間ルーキーリーグで登板した。2015年にブルワーズに移籍。マイナー通算24試合登板で7勝6敗、防御率3.40だった。2020年には栃木に加入。今季はここまでリリーフで28試合に登板して3勝0敗、1セーブ、防御率3.54の成績を残していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY