DeNAドラ4三浦銀二、ドラ2徳山壮磨へライバル心 指名翌日に投げ合い「負けたくない」

早大戦に先発した法大・三浦銀二【写真:上野明洸】
早大戦に先発した法大・三浦銀二【写真:上野明洸】

DeNAから指名を受けた2人が翌日のリーグ戦で先発

 東京六大学野球秋季リーグが12日、神宮球場で1試合が行われ、早大-法大の試合は0-0の引き分けに終わった。11日の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」でDeNAから4位指名を受けた法大・三浦銀二投手(4年)は9回を投げ4安打7奪三振無失点とエースの貫禄を見せた。

 今秋リーグ戦初登板となった9日の登板では、調整期間の短さもあり、4回5失点と本来の投球ができなかったが、この日は6回2死まで完全投球。7回、8回は先頭打者の出塁を許すも、得点は与えず。「延長があったとしても、もっと投げられるくらい余裕があった」と、107球での9回完投にスタミナ面でも自信をのぞかせた。

 この日、早大は同じDeNAから2位指名を受けた徳山壮磨投手が先発して7回2安打無失点。ドラフト翌日での投げ合いに「(意識は)めちゃくちゃしました。(徳山は)2位だったので、負けたくないという気持ちがあった。自分のほうが長くマウンドにいたので、そこは良かったかなと」と対抗心を見せていた。

(上野明洸 / Akihiro Ueno)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

CATEGORY