松坂大輔、涙の裏側 イチロー氏の“心遣い”「雰囲気まとえる大人になりたい」

西武・松坂大輔の引退セレモニーに登場したイチロー氏(右)【写真:荒川祐史】
西武・松坂大輔の引退セレモニーに登場したイチロー氏(右)【写真:荒川祐史】

イチロー氏がサプライズ登場「言葉では表し切れないくらい感謝」

“平成の怪物”松坂大輔投手が4日、メットライフドームで行われた西武のファン感謝イベント「LIONS THANKS FESTA 2021」の中で、現役引退セレモニーに臨んだ。最後の舞台に花を添えたのは、数々の名勝負を繰り広げたイチロー氏やプロ入り当時の監督だった東尾修氏の来訪。涙を流す場面もあり、特に感慨深げな表情を見せた。

 イチロー氏の登場は、球団サイドが用意したサプライズ中のサプライズだった。いったんセレモニーは終了し、辻監督が来季への抱負を述べ、選手会長の高橋光成が一本締め。さらに松坂がファンに手を振りながらグラウンドを1周した後に待っていた“粋な計らい”だった。

「涙が出てしまいました。びっくりしたのと、めちゃくちゃ嬉しいのとで……」と感無量の松坂。「プロ入り前からイチローさんの背中を見ていましたし、その大きな背中を追いかけ続けることで、ここまでやって来ることができた。言葉では表し切れないくらい感謝しています」と振り返った。

 松坂とイチロー氏は、2006年と2009年のWBCでは日本を大会連覇に導いた盟友であり、ペナントレースでは好敵手。1999年5月16日、西武ドーム(現メットライフドーム)での初対戦では、当時ルーキーの松坂が3三振を奪い「自信が確信に変わりました」と名ゼリフを吐いた。2か月後の7月6日、神戸でイチロー氏が通算100号を放ってリベンジしたことは、今も語り草だ。宿命のライバルの存在が、松坂の価値をワンランク押し上げたとも言える。

 しかもイチロー氏はこの日、松坂に花束を渡し、耳元で何かをささやくと、マイクの前に立つことなく颯爽と去っていった。自分が目立ち過ぎて“主役は松坂”の大前提を崩すことがないようにとの心遣いもにじむ。松坂は「すごく格好いいなって思いました。僕もああいう雰囲気をまとえる大人になりたいです」と改めて舌を巻いた。

ファンの前で「約束してほしい」と迫る東尾氏にタジタジ

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY