野球BAN欠場の裏にビッグボスの激熱メール…杉谷拳士が思い激白「まず自分を笑顔に」

日本ハム・杉谷拳士【写真:荒川祐史】
日本ハム・杉谷拳士【写真:荒川祐史】

石橋貴明さんは「いろんな可能性を探ってくれた。もう感謝の気持ちしかないです」

 貴明さんには「2022年は立場が上になるので、勝負の年にしたい」と話をさせてもらいました。貴明さんから収録前後に連絡を頂いて、収録後にお会いすることもあったんですが、そこで(野球BANの内容)全部言うんですよ。放送当日を本当に楽しみにしていたのに……。でも番組は自主トレ先から見たいと思っています。

 野球BANは小さい時から見ていて、野球選手になったら絶対に出たい、貴明さんと野球をやりたい思いがありました。本当に大好きな先輩です。初めてお会いしたのは札幌ドームで野球BANを収録されている時でした。一言二言でしたが、「うわぁ石橋貴明さんだ」と。テレビの印象のままで、それは今もずっと変わりません。

 貴明さんのスポーツ選手に対するリスペクトは物凄いです。スポーツを愛していて、知識も豊富。打撃練習の時も「やっぱすげぇな。バットの出方が違うもんな」と野球少年のような顔で専門的な話をしています。「ギータはすごいね。体の回転で分かるもんね」とも。本当に好きなんだなと。シーズン中もファームに落ちた時に「怪我か?」と連絡をもらったり、何かと気にかけてくれています。お会いする度に、貴明さんぐらい勉強しないと、もっともっと野球を愛さないと、という気持ちになりますね。

 リアル野球BANに出るようになってから「野球芸人」「お笑いが本業で野球選手は副業」という声も聞きます。でも、僕は何とも思ってなくて。なんでそんな言い方をするか、と思ったこともないです。何より僕がきっかけで子どもたちが野球を始めてくれれば。そうなってくれれば嬉しいですし、ありがたいです。貴明さんは初めてお会いした時から物凄く優しく接してくれて、いろんな可能性を探ってくれたというか。もう感謝の気持ちしかないですよね。

 貴明さんから「やっぱ杉谷がいないとダメだ。杉谷とゴル兄(ゴルゴ松本)の1、2番がいいんだよ」と言っていました。誰よりもゴルゴさんが一番寂しそうにしていたと。嬉しかったですね。正直、リアル野球BANだけは出たかったですけど、2022年は野球で成績を残して。まずは自分を笑顔にして、皆さんを笑顔にできるように。……あれ、いい感じで締まりましたね。今年もよろしくお願いします!

(杉谷拳士 / Kenshi Sugiya)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY