膝立ちなのに“爆肩” 横手ヒョイ投げから生まれた異次元の軌道は「現実のはずがない」

米大学生の強肩が話題に【写真:Getty Images】
米大学生の強肩が話題に【写真:Getty Images】

左翼ファウルゾーンから膝をついて投げ上げた球が一塁に達した

 米大学生のとんでもない強肩が話題を呼んでいる。左翼ファウルゾーンから右膝をついた状態で横手から投げ上げた一投は、高い放物線を描いて一塁手のミットに収まった。ファンは「とんでもなく凄い」「虹のようなキャノン」と驚きの声を上げている。

 この選手はNCAAの2部リーグに所属するコロラド・メサ大学のスペンサー・ブラムウェル捕手。軽く投げているように見えるが、ボールはなかなか落ちてこない。数秒経って一塁で捕球した選手は驚いたように手を広げている。米メディア「ジョムボーイ・メディア」がツイッターに「なんて何気ないキャノンなんだ」と呟いて動画をアップすると、ファンも興味津々の様子でコメントを投稿している。

「見ただけで自分の肩がぶっ飛んだ」「どうやって」「マイク・トラウトでもできない」「これはとんでもない……膝立ちで……クレイジーだ」「これは普通じゃない」「二塁に投げようとしているのかと思った」「現実のはずがない」。片膝をついた状態での“横手ヒョイ投げ”から生まれた異次元スローに驚きを禁じ得ないようだ。

【実際の動画】「虹のようなキャノン」 膝立ち“横手ヒョイ投げ”が描いた驚愕の軌道

RECOMMEND

CATEGORY