韓国と繰り広げた究極の“情報戦” 決勝戦は「いつもと逆に」…宿敵との5戦目で秘策

2009年WBC決勝時の韓国代表の選手たち【写真:Getty Images】
2009年WBC決勝時の韓国代表の選手たち【写真:Getty Images】

2009年WBCで韓国と5度対戦…決勝戦でサインを“変更”した

 2009年の「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」で日本は韓国と5度も対戦した。東京ドームでの第1ラウンドでは14-2の7回コールド勝ちと0-1敗戦。ペトコ・パークでの第2ラウンドでは1-4と6-2。そしてドジャー・スタジアムでの決勝戦に延長10回5-3で勝利したが、試合前のミーティングで内野守備コーチだった高代延博氏はサインの変更をナインに伝えていたという。「5試合目だったし、念のためにね」。万全を期したのだ。

 WBCでのサインは高代氏が作った。「どこまで作ろうか、監督と相談して決めました。簡単だったですよ。盗塁、エンドラン、バントに、ここは走るなサイン。あとはすべてグリーンライトって選手に言っていたんで……。それから偽装スクイズも作りましょうとなった。一、三塁でスクイズのまねをして、一塁ランナーの二盗を助けるという意味で。結局、使わなかったですけどね」。

 韓国との決勝戦前に気になったのは、これだけ対戦したら、サインの傾向も調べているのではないか、ということだった。「韓国戦だけでエンドランをかなりやってましたからね。韓国はサインを盗んだり、そういうのに長けているということも聞いていたんで。みんなに迷惑をかけたらいかんし、ということで、いつもと逆にしてくれと……」。

 高代氏が前に出て「こういうことやぞって演技して、昨日ならこっちがエンドランだったけど、今日は違うぞ」と説明した。それほど難しいサインではなかったので、これくらいの変更は何の問題もなかった。選手たちもきっちり理解した。激戦を制して、歓喜のVをつかんだ裏側では、いろんなことが起きていたわけだ。

城島はキューバ戦で構えとは逆のコースに投げさせた

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY