野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

新聞×テレビ!? 高校野球の「次世代型メディア」が今夏誕生へ

夏の風物詩である「甲子園」。高校野球誕生100周年を迎えた今年、その甲子園に関する画期的なプロジェクトが立ち上がったことをご存知だろうか。

朝日新聞と朝日放送が共同で手がける「バーチャル高校野球」とは

20150527_kokoyakyu
今夏に提供される「バーチャル高校野球」

 夏の風物詩である「甲子園」。高校野球誕生100周年を迎えた今年、その甲子園に関する画期的なプロジェクトが立ち上がったことをご存知だろうか。夏の甲子園の主催者である朝日新聞と大会の中継局の朝日放送が共同で全試合の中継動画を配信することを発表したのだ。新聞社とテレビ局がタッグを組み、高校野球の統合サイトを開設することは初の試みとなる。

 7月15日から8月31日の期間限定で提供される同サイトは「バーチャル高校野球」という。耳にしたことがある人もいるかもしれない。というのも朝日放送が昨夏すでに同じサイト名でマルチデバイス用のサービスを提供していたからである。

 当時は、地上波で放送された試合映像をインターネットでも同時に中継。テレビと同様のアングルの他にも「投手中心」、「打者中心」、「センターカメラ」の3パターンで視聴できるマルチアングル機能や、投手や打者データのリアルタイム表示、さらには試合後にアップされる試合動画を切り出すことができる「ハイライトジェネレーター」など、インターネットだからこそ可能な視聴サービスがふんだんに盛り込まれていた。このほどそのサービスを朝日新聞と朝日放送が共同で手がけることになったのである。

 なぜ主催者である朝日新聞が今年、同サイトの運営に着手することに決めたのか。今プロジェクトの責任者でもある朝日新聞デジタル本部ビジネス企画開発部の三橋有斗次長は「ここにくれば高校野球がありますよというような、核となるものを何か作らないとダメだなというのは以前から感じていた」と説明する。同氏が朝日新聞のデジタル部門で高校野球を伝える業務に携わったのは4年前のこと。当時から各所に散らばっている高校野球のコンテンツを一箇所にまとめた方がユーザーにとって利便性が高い上に、高校野球のさらなる発展につながると感じていたという。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中