野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 早大が流経大・生田目粉砕し3年ぶり日本一 主将「弱いと言われ悔しくて」

早大が流経大・生田目粉砕し3年ぶり日本一 主将「弱いと言われ悔しくて」

14日に神宮球場で行われた全日本大学野球選手権大会、早稲田大と流通経済大の決勝戦。早大が中盤までリードを許す展開も、7回に流経大のエース・生田目を攻略し一挙5得点。今大会2度のコールド勝ちを収めている強力打線がこの日も火を噴き、3年ぶり5度目の優勝を飾った。

東京ヤクルト神宮

6回まで2点ビハインドも7回に打線爆発、河原主将「後半勝負だと思っていた」

 14日に神宮球場で行われた全日本大学野球選手権大会、早稲田大と流通経済大の決勝戦。早大が中盤までリードを許す展開も、7回に流経大のエース・生田目を攻略し一挙5得点。今大会2度のコールド勝ちを収めている強力打線がこの日も火を噴き、3年ぶり5度目の優勝を飾った。

 先制したのは初回、早大だった。準決勝で神奈川大相手に2安打で完封勝ちを収めている右腕・生田目から、4番丸子が先制のライト前タイムリー。初回は準決勝、大会タイの20安打を放っている早稲田打線の勢いが勝った。

 早稲田はその裏、先発の1年生左腕・小島が攻め立てられる。2死から3番大崎にセンター前ヒットを打たれると、4番笹田にはライト線を破るタイムリー三塁打。同点に追いつかれると、なおも6番渡辺にタイムリーが飛び出し、逆転を許す。

「序盤、点が取れなくて本当に苦しい展開だった」と振り返ったのは主将の河原。2回以降、生田目をとらえられず、その間4回に小島が追加点を奪われ1-3と2点ビハインド。「(焦りは)なかったと言ったら嘘になるんですけど、焦らず、後半勝負だと思っていました」。その言葉通り、7回に生田目をとらえる。

人気記事ランキング