野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

首位を突っ走る気配も… 首位攻防戦で見えたソフトバンクの強さ

工藤監督「3つ勝ってくれたのは大きい」

「この3連戦と次の西武戦は大事。みんなが力を出して、3つ勝ってくれたのは大きいと思います」。3連戦を終えた工藤監督はこう語った。

 ソフトバンクと日本ハム。打線で言えば、クリーンアップが勝敗を分けた。

 ソフトバンクは、第2戦で柳田が5打数3安打3打点、内川も5打数3安打2打点、李大浩も5打数2安打1打点。第3戦では、内川がこの日唯一といえるチャンスで、きっちり逆転打を放った。

 一方の日本ハム。初戦の5回、1死一、二塁で3番・田中賢介が右前適時打を放ったが、中田翔、大谷翔平が連続三振。7回も1死一、三塁で田中賢が中前適時打を放ったが、中田が三ゴロ、大谷は空振り三振に倒れた。

 第3戦でも初回1死三塁で田中賢が左翼線適時二塁打を放ったが、中田、大谷が連続空振り三振。4回も田中賢が無死から出塁したものの、中田、大谷は凡退し、得点につながらなかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」