野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 首位を突っ走る気配も… 首位攻防戦で見えたソフトバンクの強さ

首位を突っ走る気配も… 首位攻防戦で見えたソフトバンクの強さ

最高勝率チームとなって交流戦を終え、パ・リーグ2位でリーグ戦を再開させたソフトバンク。19日からは本拠地ヤフオクドームに首位・日本ハムを迎えて3連戦を戦い、今季リーグ戦では初となるカード3連勝を飾った。

ソフトバンクの強さが際立った首位攻防戦

 最高勝率チームとなって交流戦を終え、パ・リーグ2位でリーグ戦を再開させたソフトバンク。19日からは本拠地ヤフオクドームに首位・日本ハムを迎えて3連戦を戦い、今季リーグ戦では初となるカード3連勝。首位の座を奪い返し、逆に2・5ゲーム差をつけた。

 この3連戦。ソフトバンクの強さが際立った感があった。

 まず、19日の初戦。同点で迎えた8回。セットアッパーのバリオスが3四死球で招いた1死満塁のピンチ。ここでマウンドに上がった森福允彦が、西川遥輝を空振り三振、中島卓也を中飛に打ち取り、絶体絶命の危機を脱出した。

 すると、9回無死一、三塁で代打・吉村裕基が、日本ハムの守護神・増井浩俊の初球を右中間へはじき返すサヨナラ打を放った。劇的な形でカード初戦を取り、首位の座を奪った。

 20日の第2戦は、ソフトバンク打線が初回から爆発した。武田勝の立ち上がりを攻め、1死から川島慶三、柳田悠岐、内川聖一が三者連続二塁打。中村晃、今宮健太にも適時打が出て、一挙5点を奪った。3回には松田宣浩が18号2ランを放ち、4回にも柳田が14号2ラン。効果的に加点し、15安打11得点で圧勝した。

 21日の第3戦は劣勢だった。日本ハムの先発メンドーサ、そしてメンドーサの負傷降板の後を受けた2番手・谷元を打線が攻めあぐねた。6回まで得点出来ず、2点のビハインドだった試合をひっくり返したのは、4番の一振りだった。

 7回。クロッタから高田知季が四球を選び、福田秀平が右前打を放って1死一、三塁とすると、明石健志が中前適時打を放ってまず1点。スイッチした宮西尚生から、柳田が四球を選んで満塁とチャンスを拡大すると、内川が右中間を破る走者一掃の適時二塁打。逆転に成功し、3連勝。貯金を今季最多の15に伸ばした。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中