野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 驚異のペースで三振量産 反則投球との物議醸す投手の奪三振率が話題に

驚異のペースで三振量産 反則投球との物議醸す投手の奪三振率が話題に

160キロ速球の体感速度は167キロ? キャップス「もうこのフォームについて話すことはできない」

 プレートからホームベースまでの距離は18・44メートル。その証言を踏まえれば、打者は8メートルも手前から投げ込まれるような錯覚に陥ることになる。

 特集ではキャップスがメジャーリーグ平均よりも15センチほど前からボールをリリースしているとし、同投手が投げる100マイル(160キロ)の剛速球は打席に立つバッターには103・5マイル(167キロ)にも感じるとしている。

 また、注目を浴びるのはキャップスが投じる80マイル台前半(約130キロ)のスライダー。同投手が習得したその球種に、ライバル球団のスカウトも「決め球の変化球」と絶賛しているという。また、マーリンズのトム・コーラー投手も「103マイルと83マイルの変化球を投げるやつがいたら、どちらに反応するのも不可能だ」とコメントしている。

 そのフォームで物議を醸しているキャップス本人は「僕は毎日フォームについて話してきた。もうこのフォームについて話すことはできない。もう説明する必要がない。ただ投げるだけだね」とコメント。周囲の批判も意に介さない様子だ。

 全てにおいて型破りな右腕が前半戦沈んだマーリンズの反撃の旗頭になるかもしれない。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」