野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 【高校野球】早実・清宮は甲子園4打数1安打デビュー 「緊張? それはないっすね」

【高校野球】早実・清宮は甲子園4打数1安打デビュー 「緊張? それはないっすね」

早実・清宮幸太郎内野手が8日、愛媛代表の今治西との初戦に「3番・ファースト」でスタメン出場。初の甲子園の舞台で7回にタイムリーを放つなど、4打数1安打1打点の活躍を見せた。チームは6-0で完封勝利。初戦を突破した。

初回、4回の好機は凡退「ボール球に手を出していたので、しっかり修正したい」

 早実・清宮幸太郎内野手が8日、愛媛代表の今治西との初戦に「3番・ファースト」でスタメン出場。初の甲子園の舞台で7回にタイムリーを放つなど、4打数1安打1打点の活躍を見せた。チームは6-0で完封勝利。初戦を突破した。

 序盤から今治西バッテリーのインコース攻めが目立った。初回の1死二塁から迎えた第1打席は初球に膝元へのカーブ、2球目はインハイへのボール球の直球をファウルし、3球目に高めに外れる直球を打ち上げたファーストフライ。さらに3回にもインコースを続けられ、4球目に死球。4番の加藤も2死球を記録するなど、左の強打者に対して攻めの配球が続いた。

 4回の2死二、三塁の場面も1打席目と同じように高めのストレートに手を出し、センターフライに倒れた清宮は試合後、「自分含めてボール球に手を出していたので、次の試合はしっかり修正したい」と反省を口にした。

 それでも終盤、チャンスで大器の片鱗を見せ付ける一打を放った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中