野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【高校野球】昨秋地区予選敗戦から這い上がった仙台育英 佐々木監督の“言葉力”

【高校野球】昨秋地区予選敗戦から這い上がった仙台育英 佐々木監督の“言葉力”

休養日だった前日の練習後、佐々木順一朗監督は言った。「清宮君? 9人の中の1人です」

20150806_sato_hirasawa

“清宮フィーバー”に沸く早実にも冷静に対処、自分たちの力を信じた仙台育英

 仙台育英(宮城)が準優勝した1989年以来、26年ぶりの決勝進出を決めた。19日の準決勝第1試合で早実(西東京)に7-0で完勝。エース・佐藤世那が6安打完封すれば、ドラフト候補の平沢大河が自身今大会3本目となる3ランを放つなど、投打で圧倒した。

 休養日だった前日の練習後、佐々木順一朗監督は言った。

「清宮君? 9人の中の1人です」

 また、こうも話した。

「地に足を付けてやること、浮かれないことが一番大事。1個、1個アウトを取って、塁に出て点数を取らないと勝てない。(昨秋の)神宮大会で優勝した実力がある。勘違いをせずに自分たちの力を出せれば」

“スーパー1年生”として2本塁打など結果を出す早実・清宮幸太郎に沸く甲子園。仙台育英は、そんな“清宮フィーバー”に流されなかった。

人気記事ランキング