野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 阪神戦で不安露呈の巨人菅野 “天敵”相手のCSファイナルで復活できるのか

阪神戦で不安露呈の巨人菅野 “天敵”相手のCSファイナルで復活できるのか

阪神との3連戦では、マイコラス、菅野、ポレダが先発。安定感のある投球を見せた両助っ人に比べ、不安定だったのが菅野だ。

ファーストステージは4回4失点で降板、「普段とは違っていた」

 巨人はクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦で阪神を下し、ファイナルステージ進出を決めた。次の相手は14年ぶりのリーグ優勝を果たしたヤクルト。14日から神宮で6連戦(ヤクルトにアドバンテージ1勝)に挑む。

 阪神との3連戦では、マイコラス、菅野、ポレダが先発。安定感のある投球を見せた両助っ人に比べ、不安定だったのが菅野だ。第2戦で初回に先頭鳥谷に四球を与え、2死からゴメスに2ランを被弾。続くマートンにもソロを浴びて3点を先制された。4回には自らのエラーで4失点目。この回限りでマウンドを降りた。

 ヤクルトとのファイナルステージに向けても、不安が残る内容。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏は「CSの緊張もあったのか、立ち上がりから普段と少し違う感じでした」と振り返る。

「いきなりゴメスとマートンに2発打たれて、それが尾を引いたまま、立ち直るきっかけをつかめずに最後まで行ってしまった。ヨーイドンでフォアボールは痛いですね。CSの独特の緊張感がそうさせたのかもしれませんが、高さもコースも自分の思ったボールは投げられていないのではないでしょうか」

 野口氏が立ち上がりの2被弾とともにポイントとして指摘したのは、2回の攻撃の場面だ。1死一塁で打席に立った菅野はバントを失敗。最悪のダブルプレーに終わり、チャンスに繋げられなかった。このミスも投球に影響を与えたという。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中