野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神高山がまたも「初打席、初安打」 運命変えた4年前の「1本」とは

あの1本がなければ――

 結果的にベンチ入りが転がり込んだ。そして、代打でいきなりの初安打。これによって善波達也監督の信頼をつかみ、1打席で交代するはずが、2打席、3打席と打席に立つことができ、この試合結局2安打。非凡な打撃センスで大学野球でも通用することを見せつけると、翌週の慶大戦からはレギュラーを獲得。その立場を揺るぎないものにした。

 これが、4年間で131安打という六大学90年の歴史で前人未到の大記録をつくる礎になったのである。

 高山は「あの1本がなければ、今の自分は想像できない」と、その重みを実感するように当時振り返っている。

 そして、4年後。「超変革」を掲げ、世代交代を図る球団の方針は、高山にとってプラスになっただろう。そして、プロの舞台に変わっても同じように初打席で初安打を打った。2戦目は決勝タイムリーを放ち、チームに初勝利をもたらすと、3戦目では3試合連続安打を記録。全てチームの切り込み隊長である1番打者として任され、指揮官である金本監督の信頼を確固たるものにしたのも、また同じ。今後に期待は膨らむばかりだ。

 いずれにしても、忘れてならないのは、与えられたチャンスを自らの手でしっかりとつかんだことである。その実力で周囲の期待に応え続け、自らの立場を確立してきた背番号9。「初打席、初安打」でスタートを切った新たな舞台で、歴史に名を残すような大打者に成長するのか。それだけのワクワク感を抱かせる新星が登場したことは間違いないだろう。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」