野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

高校野球地方大会開幕迫る U15侍J鹿取監督が今後も侍で見たい選手・投手編

今春センバツ4強投手の名前も、「色々な球種を投げられる器用な選手」

 もう1人、名前が挙げられたのは枚方ボーイズでU-15メンバー入りし、その後、秀岳館(熊本)で今春のセンバツに出場した堀江航平投手。背番号4をつけ内野手も兼務し、チームを甲子園ベスト4に導いた。

 鹿取監督は「堀江は当時からセカンドもやっていた。枚方ボーイズはメンバー選考する上で重要だったボーイズの全国大会、ジャイアンツカップで勝っている(優勝)チームだけあって、実戦経験が豊富。飛び抜けてすごい球を投げるわけではないけれど、試合をうまく作って、打者を簡単に抑えてしまう投手。打者のことを見ながら、経験で抑えていたという感じがしましたね」と振り返る。

 高校に進学後、初めて見たのは今年の選抜甲子園だったという。テレビに映る堀江は当時と変わらない巧みな投球術で打者を抑えていた。「色々な球種を投げられる器用な子だった。この子にも藤平同様、体のバランスだけを伝えた。それから最近の子はいろいろな球種を投げたがるけど、ストライクの確率が高い球を作った方がいいよとも言いました」。その教え通り、堀江は制球の良い投手に成長を遂げた。

 鹿取氏は、彼らのその後の取り組みや高い意識が高校でも全国トップクラスになった要因と評価する。自身、侍ジャパンのテクニカルディレクターも務めるため、U-15代表の選手たちには常々、「次の世代の侍ジャパンに入ってほしい」と伝えてきた。まずは自分のため、チームのために悔いのない高校野球を全うし、近い将来、侍のユニホームに再び袖を通すような選手になってほしい――。鹿取氏はそう強く願っている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」