野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

プロは「夢」でなく「目標」 東北福祉大・楠本、日米大学野球で「学びたい」

松井裕との不思議な縁「やっぱり、お前たちは何かあるんだな」

 横浜で通うことになった山内小にいたのが、楽天(現在)の松井裕だった。転校生の楠本は松井裕から「何か運動していないの?」と聞かれ、「野球をやっているよ」と答えたという。横浜では、まだどこのチームに入るか決めかねていた楠本に「俺らとやろうよ」と元石川サンダーボルトへ誘ったのが松井裕だった。

 さらに……。楠本は横浜ベイスターズジュニア入りした経験があるのだが、「(セレクションを)一緒に受けに行こうよ」と声をかけてきたのも松井裕だったという。小学5年の時にはセレクションで落ち、悔しい思いをしていた松井裕に対し、岡山で小学校生活の大半を送っていた楠本は「ベイスタージュニアって言われても、『何それ?』って感じだったんですけどね」と笑いながら振り返る。よくわからないままにセレクションに参加したが、2人とも合格した。

 山内中に進んでからも青葉緑東シニアでともにプレー。野球チームは一緒だったが、クラスは一緒になったことがない。「でも、あいつのうるさい声は廊下から聞こえてきていましたけどね(笑)」。

 高校は花咲徳栄に進み、現在、オリックスでマスクを被る若月とチームメイトになった。楠本もプロのスカウトが注目する逸材だった。楠本本人もプロ志望だったが、花咲徳栄・岩井隆監督から「大学で大きくなってから上位(指命)で行きなさい」と、指揮官の母校である東北福祉大に送り出された。

 ちなみに、楠本の東北福祉大進学が決まった後、ドラフト会議があり、松井裕が楽天から指名された。大学とプロとカテゴリーは違うが、ともに宮城・仙台市へ行くことに。小、中学時代を知る人たちは「やっぱり、お前たちは何かあるんだな」と奇縁に盛り上がったという。なお、高校3年春の関東大会で2人は対戦している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」