野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

プロは「夢」でなく「目標」 東北福祉大・楠本、日米大学野球で「学びたい」

「同じところで野球をやりたい。プロは小さい時からの目標」

 松井裕、若月の背中を追い、恩師の言葉を胸に大学では1年春から活躍する。

「テレビの向こう側で見るようになったので、同じところで野球をやりたいと思っています。プロは小さい時からの目標ですし」

 楠本はプロを「夢」ではなく、「目標」だと言った。そこに思いの強さが見える。「目標」に向け、今回の代表入りは貴重な経験になるはずだ。

「自分よりも上手な人ばかり。必死についていくだけです。京田さん(陽太、日大)、吉川(尚輝、中京学院大)さんなど、いい選手が多いのでいろんなことを学んできたいと思っています」

 2年秋のリーグ戦では、現DeNAで当時仙台大の熊原健人投手から本塁打を放っているが、その熊原も代表入りしたことで意識が高くなった選手だった。楠本も日の丸を背負うことで、さらに成長するはず。今回の代表入りは、「目標」に向けた大きなステップだ。

【了】

高橋昌江●文 text by Masae Takahashi

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」