野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元東大野球部の大越健介氏が語る日米大学野球秘話、後輩・宮台康平を激励

第40回日米大学野球選手権大会が12日に新潟で開幕し、第1戦開始前に1983年の大学日本代表メンバーだった元東大野球部の大越健介氏が、後輩の宮台康平投手を激励した。その後始球式にも臨んだ大越氏は、スリークォーター気味のフォームで投球。

東大から33年ぶり選出の後輩に「信頼を勝ち得て試合で仕事ができるように」とエール

 第40回日米大学野球選手権大会が12日に新潟で開幕し、第1戦開始前に1983年の大学日本代表メンバーだった元東大野球部の大越健介氏が、後輩の宮台康平投手を激励した。その後始球式にも臨んだ大越氏は、スリークォーター気味のフォームで投球。外角高めのボール球に「届いただけでいいです。緊張してプレーボールって言われる前に投げちゃいました」と照れくさそうに笑った。

“レジェンド”山本昌氏が語る侍ジャパンの魅力「ここから5年は本当に強い」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 現在、NHK政治部記者を務める大越氏は、33年前に東大野球部から初めて大学日本代表メンバーに選出された。今回代表入りしている宮台康平投手は、東大野球部からは大越氏以来33年ぶりの代表選出。試合前に激励を受けた宮台は、大先輩に声を掛けられると「(先発予定の第3戦)15日に合わせて調整しています」と笑顔で応えた。

 宮台の選出が決まった時、電話で祝福したという大越氏は「周りがいろいろ注目するだろうけど、早くチームの一員として信頼を勝ち得て試合で仕事が出来るように頑張って」とアドバイス。すでに第3戦での先発が決まっている後輩に「きちんと先発を任せてもらえるだけの認められ方をしている。多分ツボにはまれば、いいピッチングをしてくれると思う」とエールを送った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中