野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元東大野球部の大越健介氏が語る日米大学野球秘話、後輩・宮台康平を激励

試合前に高揚する選手たちに「若さをスポーツに掛ける気を感じた。ドキドキした」

 試合開始直前、代表ユニフォームを身にまとって高揚する選手たちの姿を間近にし、「彼らのストレートな、若さをスポーツに掛けている気みたいなものを感じた。久々にドキドキした感じがしましたね」と目を丸くした。「みんなカモシカみたい。僕なんかの時とは違う、新しいスポーツマンが今の時代はいる。すごくしなやかな足の長い、すごく運動能力の高そうな選手たちがパーッとグランドに散っていくのを見るとかっこいい」。

 そう話しながら、同時に33年前の思い出がよみがえってきた。

「ちょっと喉が渇くみたいな感じで、ブルペンに行っただけでも高ぶりましたもんね。マウンドに行った時は覚えていないくらい。普段曲がらないカーブを勝負球にしていたのに、カーブが曲がっちゃうんですよ。身体が異様な作用をするという(笑)。『おかしいな、オレじゃないぞ』って思っていたら、ファーストにいた広沢克巳(元巨人)がね、『お前らしくないぞ』って(笑)」

 当時の結果は打者2人を相手に1死も奪えずに降板。それでも代表メンバーとして戦った経験は、貴重な財産になった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」