野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

都市対抗野球を見守った“ミスター日産” 休部から7年の胸中とは

トヨタ自動車の悲願の初優勝で幕を閉じた第87回都市対抗野球大会。

日産自動車の主力選手だった伊藤祐樹さん「なかなか東京ドームに足を運べなかった」

 トヨタ自動車の悲願の初優勝で幕を閉じた第87回都市対抗野球大会。どのチームが都市対抗野球大会に出てもおかしくないと言われている戦国、神奈川で出場29回、2回の優勝経験を持つのは、2009年2月に休部が発表されてから今年で7年が経つ「日産自動車野球部」だ。都市対抗野球大会が開催されていた東京ドームのスタンドに、「ミスター日産」と呼ばれた伊藤祐樹さん(44)の姿があった。伊藤さんは現役生活15年で都市対抗野球大会に13回出場、そのうち優勝2回(※1回は三菱ふそう川崎=2013年解散=の補強選手として)、準優勝を2回経験している。伊藤さんは、どんな思いで試合を見つめているのだろうか。話を聞いた。

――休部になってから、都市対抗野球大会の試合を見に来たことはありましたか?

「ここ数年で何回かありますが、休部になってからしばらくは見に来ることができませんでした。日産野球部は、周りから『都市対抗野球大会に出て当然』と思われていましたし、自分たちもそう思っていました。『負けたら終わり』というプレッシャーの中で失敗は許されない。身を裂くような思いで予選を戦います。その舞台を離れてからは、寂しい思いが大きく、なかなか東京ドームに足を運べませんでした」

――伊藤さんにとって、都市対抗野球大会とはどんなものでしたか?

「予選は絶対に勝たなくてはいけない大会でした。本選で負けるより、予選で負けて出られない方が悔しかったですね。本選に出られなかった時は、大会は見ずに、熱い中で猛練習をします。グラウンドは横浜市の市沢にあり、本社は当時、東銀座にありました。8時半始業でしたから、6時には起きなくてはいけない。それは本当に大変でした」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中