野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 渡米した同期から届いた1通のメール ロッテ益田を突き動かす思いとは

渡米した同期から届いた1通のメール ロッテ益田を突き動かす思いとは

絶対的守護神の西野勇士投手が7月末に右肘痛を訴え、戦線離脱。そんなチームの緊急事態を救ったのが13年にはセーブ王にも輝いた実績を持つ益田直也だった。

20160808_masuda

5年連続50試合登板のロッテ益田を支える「負けん気」

 持ち前の負けん気が、どんな重圧も、度重なる激戦での疲れをも消し去ってしまう。8月6日、京セラドーム大阪でのオリックス・バファローズ戦。千葉ロッテマリーンズの益田直也投手は2点リードで迎えた9回から登板をすると最後をキッチリと締めた。リリーフのスペシャリストは心と体を研ぎ澄まし、出番を待っていた。だからこそ、いつ何時に訪れるか分からないスクランブル登板にも動じない。魂のボールは、気持ちで打者を上回る。それがこの男の真骨頂。勝利が決まるとグラブをポンと叩いて喜んだ。この試合で、史上4人目となるプロ1年目から5年連続となる50試合を達成。タフネス右腕は充実した表情を見せた。

「登板数はボクにとって誇れること。5年目も50試合を投げることができてよかったです。なによりもチームが勝つことができて良かったです」

 絶対的守護神の西野勇士投手が7月末に右肘痛を訴え、戦線離脱。そんなチームの緊急事態を救ったのが13年にはセーブ王にも輝いた実績を持つ益田だった。

 今季にかける強い決意でシーズンに臨んでいた。自主トレから徹底的に走り込んだ。「早く野球がしたいと思うほど、野球以外のトレーニングばっかりして体を作った」と振り返るように、体をいじめ抜いて石垣島春季キャンプに合流した。その表情は鬼気迫るものがあった。

「今シーズンは絶対に結果を出す。見返したいと思っているんです。『益田は終わった』と言う人を絶対に見返してやりたいと思っています」

人気記事ランキング