野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • “つなぎ役”の西武外崎、2軍で本塁打量産 理由は「“呪縛”を解いた」から!?

“つなぎ役”の西武外崎、2軍で本塁打量産 理由は「“呪縛”を解いた」から!?

「実は・・・バットも変えたんです」

 外崎自身も、「(役割的に)『ボールを見ていかなきゃダメなんじゃないか』とか考えたら、対投手というよりも、対ベンチになってしまった。そこで迷いが出てきて、普通に打っていれば捉えているものも、捉えられなくなってしまった」と、1軍での己の姿を振り返った。

 その一方で、好結果の要因には実質的な取り組みも欠かせない。本人が最も効果を感じているのが、連日、黒田(哲史)2軍内野守備・走塁コーチと行っている、補強の守備練習だ。

「1軍にいると、どうしても練習量が落ち、動きのキレが鈍くなってしまったので、また一から基礎作りをしてもらっているのですが、それが効いているのだと思います」

 守備練習で下半身を強化することが打撃にも好影響をもたらすというのは、よく知られた話である。実際、奈良原浩1軍内野守備走塁コーチも、自らの経験を踏まえた上で、浅村栄斗らにも同じことを説き、打撃向上に導いてきた。外崎にとっても例外ではなかったということだろう。

 さらにもう1つ、「実は・・・」と、外崎が自らカミングアウトした打撃大爆発の秘訣がある。それは、「バットも変えたんです」。

 出会いは偶然だった。春先は、チームメイトの森友哉のモデルを使用していたが、結果が出なくなったため、大学時代の型に変えた。それでも好成績にはつながらず、悩んでいたところで目に入ったのが、去年の自主トレ時に使用していたバットケースの中に入っていた、嶋基宏(楽天)モデルの1本だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」