野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

まだまだ尽きない情熱― 退団のロッテ池田寮長、あっという間の49年

4月30日の夜。部屋は熱気で充満していた。ロッテ浦和寮の寮長の部屋には次から次へと人が集まっていた。翌5月1日は池田重喜寮長兼打撃投手の70歳の誕生日。お祝いにと寮生たちが次々とドアをノックした。故郷の地酒をプレゼントする選手もいれば、誕生日ケーキを持ち込んだ選手もいた。みんなで、古希を迎える寮長の前祝いを行った。

70歳の元寮長兼打撃投手が踏み出す新たな一歩

 4月30日の夜。部屋は熱気で充満していた。ロッテ浦和寮の寮長の部屋には次から次へと人が集まっていた。翌5月1日は池田重喜寮長兼打撃投手の70歳の誕生日。お祝いにと寮生たちが次々とドアをノックした。故郷の地酒をプレゼントする選手もいれば、誕生日ケーキを持ち込んだ選手もいた。みんなで、古希を迎える寮長の前祝いを行った。

「こうやってみんなに祝ってもらえて、ありがたいなあ、嬉しいなあ」

 お酒の強い男が珍しく酔っ払っているようだった。感謝の言葉を述べ、寮生たちに、これまで何度も披露している自身の昔話を語り出した。

 生まれたのは戦後翌年の46年。11人兄弟の末っ子だった。大分県の津久見高校で2年夏に甲子園出場を果たした。67年にドラフト4位で大洋に入団。71年にロッテに移籍し、77年まで投手として現役でプレー。通算成績は155試合に登板して13勝12敗。ただ、その現役生活は濃密なものだった。

 当時・阪神で同じ年の田淵幸一氏にプロ1号を打たれた話。あの江夏豊氏からピッチャーながらサヨナラ打を打った武勇伝(68年6月14日、東京)。伝説のON砲と対戦したエピソード(王氏に8打数1安打1奪三振、長嶋氏には16打数4安打1本塁打1奪三振)。「あんな大打者と対戦できたのだからね。今思うと長嶋さんにホームランを打たれて良かった。王さんに打たれていないのが残念だなあ」と茶目っ気たっぷりな表情を見せると場は笑いに包まれた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」