野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 将来は指導者も…パドレス斎藤隆氏が46歳でインターンシップになった理由

将来は指導者も…パドレス斎藤隆氏が46歳でインターンシップになった理由

2015年を最後に現役を退き、昨年はサンディエゴ・パドレスでインターンとしてフロント業務について学んだ斎藤隆氏。野球選手としては、NPBで16年、メジャーで7年、合計23年というキャリアを積み、日米通算112勝96敗139セーブという輝かしい成績を残した斎藤氏だが、46歳にして“初オフィス勤務”を経験。慣れない名刺交換に始まり、毎日オフィスに通う日々を「すごく窮屈だった」と笑いながら振り返った。

20170101_saito

現役生活23年の名投手が見たもう一つの野球、“初オフィス勤務”は「すごく窮屈だった(笑)」

 2015年を最後に現役を退き、昨年はサンディエゴ・パドレスでインターンとしてフロント業務について学んだ斎藤隆氏。今年からはパドレスのベースボールオペレーションアドバイザー兼パシフィックリムアドバイザーとして、球団経営やチーム戦略に本格的に携わっていくことになった。

 野球選手としては、NPBで16年、メジャーで7年、合計23年というキャリアを積み、日米通算112勝96敗139セーブという輝かしい成績を残した斎藤氏だが、46歳にして“初オフィス勤務”を経験。慣れない名刺交換に始まり、毎日オフィスに通う日々を「すごく窮屈だった」と笑いながら振り返った。

「デスクワークがこんなにハードな仕事だとは思わなかったから、それを知れただけでも、この1年の意味があった。皆さん、よく『アスリートはしんどいね』と仰有ってくれるけど、いやいや何を(笑)。オフィスで仕事があるのも大変だし、ないのも大変だし。

 最初は『やった、体動かさなくていいんだ』って、身体を動かせない時間がすごく幸せだったのに、デスクワークを始めて、ものの数週間で『何だ、この感じ? 体動かしたい?!』ってなりましたね(笑)」

 パドレスでは、毎日球場にあるオフィスに勤務。毎年6月に行われるドラフトや12月に開催されるウィンターミーティングなどにも参加し、メジャーの現場を目の当たりにした。AJ・プレラーGMを筆頭とするフロントオフィス陣の仕事ぶりを至近距離で学び、「イメージ通りのところもあったし、いい意味での驚きもたくさんあった」という。

人気記事ランキング