野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

筒香3冠王は? 山口代役は? DeNA、2017年に予想される注目ニュースは

2016年、球団創設5年目にして初のクライマックスシリーズ進出を果たしたDeNA。若いチームが一体となって躍進し、球界に話題を振りまいたが、果たして今季はどんなシーズンになるのか。2017年に予想される注目ニュースをピックアップする。

筒香3冠王なら松中以来13年ぶり

 2016年、球団創設5年目にして初のクライマックスシリーズ進出を果たしたDeNA。若いチームが一体となって躍進し、球界に話題を振りまいたが、果たして今季はどんなシーズンになるのか。2017年に予想される注目ニュースをピックアップする。

○筒香、侍4番&3冠王なるか

 昨季、自身初タイトルとなる打撃2冠に輝いた筒香。一躍、球界を代表するスラッガーとなったハマの大砲は、シーズン後の侍ジャパンの強化試合に選出された。注目の打順は4試合ともに5番で、4番は日本ハム・中田に譲ったが、3月に行われるWBCの4番候補であることに違いない。打線の真ん中に筒香がいれば、頼もしいだろう。

 一方、シーズンでは歴史的な快挙に期待がかかる。昨季は44本塁打、110打点でタイトルを獲得したが、打率.322は惜しくもリーグ3位。打率.344で首位打者に輝いた巨人・坂本とは2分2厘差。同2の広島・鈴木、同4位の広島・菊池、さらに筒香同様に打撃3冠の実力を秘めるヤクルト・山田らライバルは多いが、04年のダイエー・松中以来13年ぶりの3冠王誕生も夢ではない。

○19年ぶりのリーグV&日本一へ

 チームに目を移すと、最大のテーマは19年ぶりのリーグ優勝だろう。就任1年目のラミレス監督は4月に最大借金11の最下位からチームを立て直して3位に入り、球団初のCSに導く快挙を達成。来季は98年以来となるリーグ制覇を目標に掲げており、就任2年目となる手腕に注目が集まる。

○FA移籍山口の代役は誰?

 今オフ、チームで最も大きな話題となったのが、山口のFA移籍だ。昨季取得した国内FA権を行使して巨人に移籍。11勝の勝ち頭を失うのは痛手だが、その穴を埋めなければ上位進出は見込めない。山口の代役で開幕投手を務めた井納、侍ジャパンも経験した石田、12球団新人トップ8勝を挙げた今永らが候補となるが、まずは誰が開幕投手を務めるか。

人気記事ランキング