野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 筒香が泣いた日…試合後のロッカーも潜入、DeNA公式ドキュメントがスゴイ

筒香が泣いた日…試合後のロッカーも潜入、DeNA公式ドキュメントがスゴイ

DeNAの公式ドキュメンタリー「FOR REAL―ベイスターズ、クライマックスへの真実。―」(DVD・ブルーレイ、28日発売)が14日から神奈川県内6つの劇場で先行上映が行われる。就任1年目のラミレス監督の下、球団創設5年目にして初のクライマックスシリーズに進出した激闘の舞台裏に密着。Full-Count編集部では実際にカメラマンとして激動の1年を取材した金澤佑太氏に話を聞いた。ファン注目の作品の魅力から、密着取材したから分かるDeNAの魅力まで存分に語った。

映像監督・金澤氏が語るDeNA公式ドキュメンタリー「FOR REAL」の魅力

20170110_dena2
DeNAの公式ドキュメンタリー「FOR REAL―ベイスターズ、クライマックスへの真実。―」【画像提供:横浜DeNAベイスターズ】

 DeNAの公式ドキュメンタリー「FOR REAL―ベイスターズ、クライマックスへの真実。―」(DVD・ブルーレイ、28日発売)が14日から神奈川県内6つの劇場で先行上映が行われる。就任1年目のラミレス監督の下、球団創設5年目にして初のクライマックスシリーズに進出した激闘の舞台裏に密着。Full-Count編集部では実際にカメラマンとして激動の1年を取材した金澤佑太氏に話を聞いた。ファン注目の作品の魅力から、密着取材したから分かるDeNAの魅力まで存分に語った。

筒香と監督の合言葉「ムシカ」とは…映像監督が語るDeNAナインの素顔

 DeNAナインの素顔を語ってくれた前編に続き、後編では「ドキュメンタリー監督が語る、本作の魅力」に迫る。DeNAでは「ダグアウトの向こう」と題して、球団創設1年目の2012年から3シーズン、公式ドキュメンタリーを製作してきたが、毎シーズンBクラスと低迷。しかし、昨季は悲願のCS初進出を果たしたこともあり、「FOR REAL」とタイトルを一新し、開幕戦からCS最終ステージまでの道のりで起こった人間ドラマを収めた。躍進の裏で選手が流した数々の苦悩の涙、満身創痍の肉体での怪我との闘いーー。通常メディアが立ち入れないロッカールームなど、禁断のエリアに潜入したから撮れる貴重映像が、ものスゴイことになっている。充実度も5年目でNO1となった本作について、監督が語る魅力とはーー。

ーー金澤さんにとって初めてのスポーツドキュメンタリー作品。プロ野球を撮る難しさは?

「一番は1試合で終わらないということ。もし1試合だけで終わるなら、ちょっとくだけた空気を作ったりして距離を詰めることはできるけど、143試合あるとそうはいかない。選手たちにどこで近づいて、どこで離れてという距離感が難しく感じました」

ーー実際の取材で苦労したことは?

「密着したばかりの3月のオープン戦は開幕直前で調子のいい選手、悪い選手がいる中で状況が分かっていなかった。タイミングが悪いときに調子が悪い選手に声をかけてしまって、距離を取られたり……。勝負の世界で生きていく人に接するのは一層難しいなと痛感しました」

ーーその中で心掛けていたことは?

「一番は一緒に勝利の喜びを分かち合うことです。本来は取材者として一歩冷静に見ないといけないかもしれないけど、うれしさも悔しさも一緒に共有することで、一歩入っていけるというものもスポーツの世界にはある。『撮らないでくれ』と言われたことも、もちろんある。戦術的な理由もあるし、単純に嫌がっている選手もいた。ただ、それも後半戦になるに連れて減ってきました」

人気記事ランキング