野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 聖地“帰還”の早実清宮、会見全文―60年ぶりVへ本塁打より「勝ちに徹すべき」

聖地“帰還”の早実清宮、会見全文―60年ぶりVへ本塁打より「勝ちに徹すべき」

第89回センバツ高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場32校が発表され、早実(東京)が4年ぶり21度目の出場を決めた。今秋ドラフト目玉候補の主将・清宮幸太郎内野手(2年)にとって、3季ぶりの甲子園出場。4強入りした1年夏以来の聖地で、王貞治氏(現ソフトバンク会長)を擁した1957年以来、60年ぶりのセンバツ制覇を誓った。

王さん以来の優勝目指し3季ぶり甲子園へ、明治神宮大会で敗れた履正社にも「勝てると思う」

 第89回センバツ高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場32校が発表され、早実(東京)が4年ぶり21度目の出場を決めた。今秋ドラフト目玉候補の主将・清宮幸太郎内野手(2年)にとって、3季ぶりの甲子園出場。4強入りした1年夏以来の聖地で、王貞治氏(現ソフトバンク会長)を擁した1957年以来、60年ぶりのセンバツ制覇を誓った。

 出場の連絡を受けた藁谷校長から報告を受けた清宮は「甲子園に行っても早実スタイルで全試合戦い抜きます」と挨拶。その後、36社93人が詰めかけた会見場に現れた清宮の会見全文は以下の通り。

――出場が決まった心境は。

「秋の決勝が終わってから、いろいろ報道があって『センバツが確実だ』と言われていましたし、自分もそのつもりでいました。今日という日を迎えて、校長先生から報告を受けるまで、少し緊張しました。試合の時と違う緊張があったけど、今はホッとした気持ちです」

――意気込みは。

「早稲田実業として、春夏合わせて50回目の出場となる。早稲田実業で今まで出てくださった伝統、誇りがある。甲子園に行っても、伝統に泥を塗らない試合していければと思うし、もっと前向きに新たな歴史を自分たちで作っていければと思う。

 自分が入ってからの早稲田実業の強みは出ている野球部員だけじゃなく、応援している人たちも全員で球場の雰囲気を変えて、飲み込んでいく野球が持ち味。そういう野球をまた甲子園でできるように頑張りたい」

人気記事ランキング