野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • スゴいのは清宮だけじゃない 早実“新怪物”のセンバツ目標は「5割以上」

スゴいのは清宮だけじゃない 早実“新怪物”のセンバツ目標は「5割以上」

第89回センバツ高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場32校が発表され、早実(東京)が4年ぶり21度目の出場を決めた。1年生ながら、今秋ドラフト目玉候補の3番・清宮幸太郎(2年)と4番でコンビを組む野村大樹内野手は、自身初の聖地で「スーパー1年生対決」を熱望した。

「怪物」を押さえ早実4番に座る野村、「スーパー1年生対決」熱望

 第89回センバツ高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場32校が発表され、早実(東京)が4年ぶり21度目の出場を決めた。1年生ながら、今秋ドラフト目玉候補の3番・清宮幸太郎(2年)と4番でコンビを組む野村大樹内野手は、自身初の聖地で「スーパー1年生対決」を熱望した。

 早実でスゴいのは清宮だけじゃない。36社93人の報道陣が殺到した会見場で、清宮の取材後にテレビカメラの前に立った野村は分厚い胸を高鳴らせた。

「すごくうれしいです。地元が関西なので、そこでやりたいと思っていたので夢のようです」と白い歯を見せた。

 1年生ながら名門・早実の4番を張るスラッガー。東京都大会決勝の日大三戦でも6-6の9回に清宮が5打席連続三振に倒れた直後、サヨナラ2ランを放ち、センバツ切符を当確させた立役者だ。通算本塁打は清宮の1年当時の22本を抜く23本。自身初となる甲子園でも、4番の役割に徹する心づもりでいる。「清宮さんが塁に出たら、返すだけ。普通の自分のバッティングをするだけ」と言ってのけるから、この1年生はただものではない。

 兵庫・宝塚出身。甲子園は幼少期から06年の伝説の決勝戦・早実-駒大苫小牧戦や阪神戦などで「20~30試合は見に行ったことがある」という思い出の場所。なかでも、対戦を心待ちにしているのが、同学年のスター候補との激突だ。

人気記事ランキング