野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 出揃った32の選抜代表校、近畿勢が大会席巻も? 優勝候補はどのチームに

出揃った32の選抜代表校、近畿勢が大会席巻も? 優勝候補はどのチームに

第89回センバツ高校野球(3月19日から12日間・甲子園)の出場高校が決まった。注目の清宮幸太郎が主将を務める早稲田実(東京)や、1年生からスタメン起用され、3拍子揃ったプレーヤー・小園海斗のいる報徳学園(兵庫)がともに21回目の出場を決めた。21世紀枠では不来方(岩手)、多治見(岐阜)が初出場。また中村(高知)が40年ぶりに選ばれた。

大阪桐蔭、履正社など強豪校ひしめく近畿勢

 第89回センバツ高校野球(3月19日から12日間・甲子園)の出場高校が決まった。注目の清宮幸太郎が主将を務める早稲田実(東京)や、1年生からスタメン起用され、3拍子揃ったプレーヤー・小園海斗のいる報徳学園(兵庫)がともに21回目の出場を決めた。21世紀枠では不来方(岩手)、多治見(岐阜)が初出場。また中村(高知)が40年ぶりに選ばれた。

 その他にも夏春連覇を目指す作新学院(栃木)や、春連覇を狙う智弁学園(奈良)など強豪校が出場する。ブランク出場は、帝京五(愛媛)が48年ぶり、中村が40年ぶり。また東海大福岡は32年ぶりで、校名変更後初の甲子園切符となった。神宮大会にも出場した福岡大大濠(福岡)も26年ぶりの出場となる。一方、至学館(愛知)、呉(広島)ら4校が初出場。話題性もあり、盛り上がりのある大会になるだろう。

 北海道から九州まで各エリアで秋季大会を戦い、その勝者が手にすることができたセンバツ切符。その中でも今回は近畿勢は他の地域よりも頭が一つ抜けている印象だ。

 筆頭候補は2012年以来、5年ぶりのセンバツVを目指す大阪桐蔭。3年連続出場を手にした同校は秋の大阪大会で3位だった。当時はまだチームとして成熟しておらず、西谷監督も、打順もポジションも固定せずに選手たちの能力を見極めながら、戦っていった。昨年のセンバツでも登板した右腕・徳山を中心に香川、横川、根尾ら豊富な投手陣が試合を重ねるごとに成長。3番の山本も強打者で、ショートも外野もできる万能プレーヤー、1年生の根尾が甲子園デビューするのも見どころだ。近畿ベスト4だが、個々の能力は高く優勝候補といえる。

 その大阪桐蔭よりも秋に好成績を残したのが同じ大阪代表の履正社。同校も十分に頂点を狙える存在だ。

 大阪府2位から近畿大会、明治神宮大会と優勝。準優勝した2014年以来、3年ぶりのセンバツ出場を引き寄せた。秋の公式戦16試合で放った本塁打は15本。昨夏の甲子園に出場した3番のプロ注目の安田、強打者・若林らがチームを引っ張った。エース右腕の竹田や松井ら投手陣も安定感がある。昨年は寺島や山口といったドラフト指名選手を中心に秋の国体を制した。今年は投より打のチームとして甲子園で大暴れするだろう。

人気記事ランキング