野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • お前の体は真似できない―超高校級スラッガー、日大三・金成を支えた言葉

お前の体は真似できない―超高校級スラッガー、日大三・金成を支えた言葉

「日大三のデカプリオと」と称され、出場する第89回センバツ高校野球でも注目があつまる東京・日大三の金成麗生(れお)内野手(左投左打)。身長193センチは出場高校の選手の中でナンバーワン。端正な顔立ちのナイスガイで、チームの中でも人気者だ。

大会NO1の193センチを誇る「デカプリオ」、今では「恵まれた体格」も…

「日大三のデカプリオと」と称され、出場する第89回センバツ高校野球でも注目があつまる東京・日大三の金成麗生(れお)内野手(左投左打)。身長193センチは出場高校の選手の中でナンバーワン。端正な顔立ちのナイスガイで、チームの中でも人気者だ。

 チーム内のニックネームは「レオ」。ハリウッド俳優のレオナルド・ディカプリオから派生して、各メディアなどが大きな体から「デカプリオ」と呼ぶようになった。昨秋の東京大会では準決勝、決勝で本塁打を放つなど、パワーは全国屈指。名門の4番打者として日本一を目指していく。

 幼少時代から体は大きく、中学時代は成長痛に悩まされた。膝が痛くて、練習もままならなかったという。出身の神奈川・相模ボーイズ時代はピッチャーだったが、走り込みができない日もあった。

「運動することもつらかった。自分でなんでこんなに背が大きくなってしまったんだと思いました」。今では「恵まれた体格」と言われるもしれない。だが、当時の金成少年は自身の体格を憎んだ。

人気記事ランキング