野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「あの時の栄光を覚えている」早実の女房役が語る、苦悩の斎藤佑樹への思い

2010年のドラフト1位で日本ハムに入団した斎藤佑樹投手。その名を全国に知らしめた2006年の夏の甲子園、決勝の駒大苫小牧戦で田中将大(現ヤンキース)と投げ合い、延長再試合の激闘を制して優勝を果たしてから今夏で11年になる。あの夏、斎藤の球を受けていた背番号2は現在、ビジネスマンとして忙しい日々を送っている。早実の元捕手・白川英聖さんは、早大を経て、大手総合商社に入社。28歳となった今、社会現象にもなった甲子園の裏側、プロで苦悩している斎藤への思い、ともに3年間戦ったからこそ知る秘話を明かしてくれた。

20170215_shirakawa

あの夏から11年―背番号1に変えた元エースへ「今、与えられた場所で活躍を」

 2010年のドラフト1位で日本ハムに入団した斎藤佑樹投手。その名を全国に知らしめた2006年の夏の甲子園、決勝の駒大苫小牧戦で田中将大(現ヤンキース)と投げ合い、延長再試合の激闘を制して優勝を果たしてから今夏で11年になる。あの夏、斎藤の球を受けていた背番号2は現在、ビジネスマンとして忙しい日々を送っている。早実の元捕手・白川英聖さんは、早大を経て、大手総合商社に入社。28歳となった今、社会現象にもなった甲子園の裏側、プロで苦悩している斎藤への思い、ともに3年間戦ったからこそ知る秘話を明かしてくれた。

 白川さんは小学4年生から地元の軟式野球チームで野球を始めた。早実への進学のきっかけは、中学生の時に見た夏の高校野球、西東京大会だ。

「当時、早実のピッチャーだった小野塚(誠)さん、キャッチャーの山縣(有輔)さんのバッテリーに憧れました。『かっこいいなぁ。あのユニフォームが着たいなぁ』と思って、早実への進学を決めました」

 投手だった白川さんは「早実のエースになりたい」という大きな夢を持って野球部に入部した。しかし、同じ学年には強力なライバルがいた。斎藤だ。

「1年間ピッチャーをやりましたが、実力が全然違いました。斎藤は早いうちからベンチにも入っていたし、チームの1軍にも帯同していました。不公平感は無いけれど『扱いが違うな』という感じはしていました」

 そんな悶々とした気持ちを抱えていた白川さんに、転機が訪れる。

人気記事ランキング