野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 「打てる捕手」誕生へ期待 今春センバツは好捕手揃い、プロ注目の選手は?

「打てる捕手」誕生へ期待 今春センバツは好捕手揃い、プロ注目の選手は?

ある在京スカウトが言った。「今年の高校生はいい捕手が多い。特にセンバツに出てくる選手でね」。早稲田実・清宮幸太郎、履正社・安田尚憲らスラッガーの存在で影を潜めがちではあるが、捕手にも好素材がいる。プロ注目の捕手や、特徴のある捕手を紹介していきたい。

スカウトも熱視線、今春センバツは好捕手揃い

 ある在京スカウトが言った。「今年の高校生はいい捕手が多い。特にセンバツに出てくる選手でね」。早稲田実・清宮幸太郎、履正社・安田尚憲らスラッガーの存在で影を潜めがちではあるが、捕手にも好素材がいる。プロ注目の捕手や、特徴のある捕手を紹介していきたい。

 札幌第一はチーム公式戦打率が.390と高打率。西村壮真捕手は昨秋の明治神宮大会では8、9番の下位打線ではあるが、チームトップの打率5割をマークした。冨樫颯大投手と前田剛志投手の左の2枚看板をリードし、甲子園で昨夏の準優勝・北海に続く北海道旋風を巻き起こせるか。

 東海大市原望洋の捕手・宍倉貫太はキャッチャーでは珍しい1番打者を任されている。外野から捕手にコンバートされたばかりで、まだまだ成長途上だが、バッティングは積極的。不動のエースでプロ注目の147キロ右腕・金久保優斗投手とのバッテリーで全国の頂点を目指す。

 前橋育英の戸部魁人捕手は強肩強打を全国の舞台でアピールする。3番を任され、公式戦打率は驚異の.517。4番の飯島大夢内野手とのクリーンアップの破壊力は全国屈指だ。140キロを超える投手が5人いる投手陣をリードし、再び荒井直樹監督を優勝監督に押し上げることができるか。

人気記事ランキング