野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍打線は「チーム打撃」を意識しすぎ? 稲葉コーチが「一番怖い」こととは

小技を絡めた「スモールベースボール」で第1、2回大会と世界一に輝き、第3回大会はベスト4に進出した日本。短期決戦では当然、「チームバッティング」が必要になってくる。では、各球団の主力選手が集まった代表チームにおいて、「チームバッティング」はどうあるべきなのか。

侍打線はつながるのか、日本代表で求められる「チーム打撃」とは?

 3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けて、最後の調整を行っている野球日本代表「侍ジャパン」は、26日にKIRISHIMAサンマリン宮崎での4日間の強化合宿を打ち上げた。2017年の“初戦”となった25日の練習試合・ソフトバンク戦では打線が4安打に終わり、0-2で完封負け。本番へ向けて、やや不安を残す“初陣”となった。

 小技を絡めた「スモールベースボール」で第1、2回大会と世界一に輝き、第3回大会はベスト4に進出した日本。短期決戦では当然、「チームバッティング」が必要になってくる。では、各球団の主力選手が集まった代表チームにおいて、「チームバッティング」はどうあるべきなのか。

 稲葉篤紀打撃コーチは「あまり『つなぐ、つなぐ』という意識を持ちすぎて、小細工しすぎると、よくない。つながなきゃいけない場面は当然、出てくると思いますけど、基本的には自分の形で今までやってきた自分のバッティングをするというのが第一なので。そこをあまり変に小細工しすぎると、僕は良くないかなと思います」と言う。

 象徴的な場面として挙げたのが、ソフトバンク戦の初回1死二塁の坂本の打席だ。前を打つ菊池がセンター前ヒットで出ると、坂本は2球目をライトに打ち上げ、右飛に倒れた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中